トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 リロード ページ作成 一覧 単語検索 最終更新 ヘルプ

装備の限界を超えて成長させる、ふし幻TODの目玉のシステムです。
極めると、一振りでプレイヤーの周囲1マスと前方5マスに対して15回の必中攻撃をした上で与ダメージの半分を吸収する木の棒
ありとあらゆる状態異常を受けなくなり、多くの敵の能力を封殺し、隣接敵からの攻撃に100%の確率で通常攻撃と同威力のカウンターをするバナナの皮
など普通の装備より遥かに強力な装備品を作成することが出来ます。逆に遥かに弱い、使いづらい装備品を作成することもできます
システムが少し複雑な為、下記をしっかりお読みください。
転生が上手くいかない!と言う方は転生システムを勘違いしている可能性が高いです。質問をする前に、まずこのページの「手順」を熟読してください。

※以下の説明では、次の名称を使っています。
「固有印」→装備にもともと入っている能力のこと。(四角い黄色の印)
「追加印」→装備に合成されている印のこと。(丸いピンクまたは青い印)

阿求の説明 Edit

装備レベルが最大になっているもの(Lv90のように、レベルの部分が赤く表示されているもの)に対して、
「稗田之書」を使用すると、その装備が転生可能状態になります。
その装備を既存の装備 合成することで、既存の装備が転生されます。(決して既存の装備 合成するわけではない。)

上記の説明がゲーム中の阿求の説明になります。

手順 Edit

以下に手順を記載します。心配な方は稗田之書を1個使用し、以下の手順に沿って練習してみてください。
必要なアイテム:転生させたい装備転生先の装備、稗田之書1
楼観剣哨戒天狗の刀に転生させると仮定して説明します。

1.転生させたい装備のレベルをレベルMAXまで上げる。 Edit

装備レベルが最大になるとレベル表記が赤くなります。
楼観剣の場合はレベルが上がるとランクアップして名前が変わるため、
斬魂刀Lv90がレベルMAXとなります。

2.稗田之書を転生させたい装備に使用する。 Edit

稗田之書を選び、「つかう」を選択します。するとアイテム選択画面が表示されます。
この時装備レベルMAXのもの以外は選べません。
楼観剣のレベルがMAXになっていると選ぶことが出来るので、使用しましょう。
使用すると
転生準備
と表示され斬魂刀のアイコンが赤色に変化し、「転生準備」と表示されます。

3.転生させたい装備転生先の装備に合成する。 Edit

ここの部分を間違う方は多いです。
合成画面で哨戒天狗の刀を選択した後に、斬魂刀を選択します。

+ 画像

合成した哨戒天狗の刀Lv1になり、哨戒天狗の刀の固有印に

  【霊】霊特攻 攻+50% 追加D+9
  【霊】霊特攻強化 強化率+150% 追加D強化率+125%

が追加されていれば、成功です。

+ 画像

転生を始めて行う場合、成功するとトロフィーを入手できるので成功の目安にしても良いでしょう。

転生時の注意点(重要) Edit

勘違いが多いようなのでご注意ください。
よくある間違いとして転生させたい装備転生先の装備を合成してしまうことがあげられます。

転生は追加したい固有印のある新しい装備を合成元(合成画面の1つ目の欄)、転生装備(転生準備状態)を素材(合成画面の2つ目の欄)として合成します。
(転生が上手くいかないケースは、ほぼ間違いなくここを逆にして転生装備を合成元にしています)

上記の例で先に斬魂刀を選択し、後から哨戒天狗の刀を選択しても、それはただの合成になります。
転生は行われず、依然として転生準備状態の斬魂刀が残ります。

  • つまり、装備転生は欲しい固有印のある装備品に乗り移っていくイメージです。
    合成元側 = 転生先(新しい器)
    素材側 = 転生元(中身)

    ※無駄になるので転生した装備品を合成元側に指定するのはやめましょう。(合成元がもつ転生によって増えた印は消滅します)
    ※つまり逆に言えば転生した装備品に違う装備品から固有印だけを転送していくことはできません。

転生後の能力値の引継ぎ Edit

転生を行うと転生先の装備の能力値は全て初期値に戻り、転生させたい装備固有印を含む能力値が合成されます。
例えば銀のナイフ +2(Lv10、固有:吸血特効・吸血特効強化、追加印:吸血特効) 式神「橙」+10(転生準備状態、固有:多段攻撃、追加印:神特効)を合成すると、
銀のナイフ +10(Lv1、固有:多段攻撃吸血特効吸血特効強化、追加印:神特効)となります。この固有印の順番も大事です(後述)。

+ 画像

つまり銀のナイフに(転生0回状態で)元々あった固有印以外の能力値(強化値+2、Lv10分の経験値、追加印:吸血特効)は全てなくなり、転生準備状態の装備の能力値がそのまま引き継がれます。
また、Lv1になるというのが少し厄介になります。これは主に追加印や強化値上限に影響してきます。
例えばこの式神「橙」に追加印を【神】【霊】【耳】【浮】の4個をこの順番で入れてあるとします。これを転生すると銀のナイフLv1は印数が2であるため、左側にある【神】【霊】が追加され、押し出された【耳】【浮】の2個は消えてしまいます。

+ 画像

ですが、緋々色金転生させたい装備の武器・防具の空き印を追加した場合、転生先に引き継がれます。
上記の式神「橙」緋々色金を2個使った後に銀のナイフに転生させると、
銀のナイフLv1の印数が2個追加され4個となり、追加印が押し出される事はありません。

+ 画像

印数は武器、防具は最大15個、お守りは最大5個まで増やす事が出来ますが、既に印数が最大数あるときは緋々色金を使用して印数を増やすことはできません。
転生直後で武器のレベルが低く、印数が少ない時に使用する事をオススメします。
あるいは木の棒などの初期印数が0や1のものに緋々色金を14~15個ほど使ったものを一度転生途中にかましておくのもいいでしょう。


同様に強化値上限に関しても、たとえ転生させたい装備の強化値が+99であっても転生先の装備の上限まで下がってしまいます。
強化値を維持したい場合はあらかじめ【限】強化限界増加印(青印:+100)を転生させたい装備に合成しておくといいでしょう。

固有印の優先順位について Edit

  1. 固有印は素材側、つまり転生させたい装備の印が優先されます。
  2. 順番は、転生させたい装備の固有印を左から→転生先の装備の固有印で転生させたい装備に無いものを左からとります。
  3. 転生による固有印の上限は10個です。固有印が10個を超える場合、押し出された印は「待機状態」になります。
    レベルアップによる印の追加が発生した場合も同じです。
    待機状態の印は、妖怪の里で印消去をしてもらった後、装備のレベルが上がったとき待機状態の印が空いた枠に入ってきます。
    待機状態の印がある状態で装備のレベルをMAXにしてしまったときは妖怪の里で印消去をしてもらった後、「セーブしてタイトルに戻る」で一度タイトルまで戻り続きから再開すれば待機状態の印が空いた枠に入ってきます。
    ただし、妖怪の里で消した固有印を元に戻すことはできません。
    また、待機状態の固有印は、その装備を転生した際に消去されます。
  • 以下は七星剣卒塔婆に転生させる場合の例です。
    + 画像
    上の画像の場合、七星剣の印が優先して付けられます。卒塔婆の印は一番左にある「罪と罰」が付けられ、「神特効」と「神特効強化」は「待機状態」となっています。
    この場合、10個の固有印のいずれか一つを消してレベルアップすると左から2番目の「神特効」が追加されます。
    神特効強化を付けたい場合はさらに固有印のいずれか一つを消してレベルアップさせましょう。
    なお、待機状態の固有印は空き印があれば、レベルアップ時に複数の印が付きます。
    上記の場合は転生直後に固有印を2つ消してレベルアップさせた場合、神特効神特効強化が同時に付与されます。



2回目以降の転生 Edit

2回目以降の転生は、転生装備(青い背景の付いた装備)のレベルを最大まで上げ、この転生装備に稗田之書を使用します。後は先ほどと手順は同じです。
上記で転生した哨戒天狗の刀卒塔婆へ転生させるとします。
最初と同様哨戒天狗の刀をレベルMAXにしますが、この時千里眼の大太刀Lv60でなくLv70でレベルMAXとなります。これについては後で詳しく説明します。
合成画面で卒塔婆を選択した後に、哨戒天狗の刀を選択します。
合成した卒塔婆の固有印に

  【霊】霊特攻 攻+50% 追加D+9
  【霊】霊特攻強化 強化率+150% 追加D強化率+125%
  【武】追加ダメージ増加 ダメージ+15

が追加されていれば成功です。

よくある失敗例 Edit

  • 上記で転生した哨戒天狗の刀卒塔婆がもつ【神】神特効を加えたいと思い
    卒塔婆を神は裁きLv90に育てて稗田之書を使用、転生準備状態にして哨戒天狗の刀に転生した
    • 結果、斬魂刀由来の固有印である霊特効,霊特効強化が消滅し、完成した哨戒天狗の刀の固有印は
        【罪】罪と罰
        【神】神特効 攻+60% 追加D+12
        【神】神特効強化 強化率+200% 追加D強化率+150%
        【武】追加ダメージ増加 ダメージ+15
      となりました。合成元となった哨戒天狗の刀に行った1回目の転生は無駄になりました。
  • 上記で転生した哨戒天狗の刀に【掘】掘削を加えようと
    事前に木の棒に青娥・娘々棒を転生させて、木の棒に掘削を追加してから
    改めて千里眼の大太刀Lv70木の棒に転生した
    • 結果、青娥・娘々棒由来である掘削が消滅し、元から木の棒が持っていた生命力増加のみが残り、最終的に
        【霊】霊特攻 攻+50% 追加D+9
        【霊】霊特攻強化 強化率+150% 追加D強化率+125%
        【武】追加ダメージ増加 ダメージ+15
        【生】HP+3 HP+5%
      となりました。合成元となった木の棒に行った青娥・娘々棒の転生は無駄になりました。

レベル上限の上昇 Edit

転生を行うと、レベル上限が(転生回数×10)あがります。
上記の哨戒天狗の刀の場合元の上限レベルが60ですが、これに(1×10)加算され70が上限レベルとなります。
上限が90の装備が100になり、110になり、・・これは999まで続きます。
ただし上限が99だったもの(お守りなど含む)は99→100→110→・・とはならず、99→110→・・になります。
どんな装備でも上限レベルは30,60,90,100のいずれかに(転生回数×10)を加えた値です。
レベルの上限は999ですが、転生回数の上限はありません。


レベルの上限が上がるとLvMAXになるまでの必要経験値が増えてしまうため、
レベルが上げにくくなってしまいます。
ですが、それに見合うメリットが2つあります。
まずは、Lvの上限が上がる分攻撃力・防御力も上昇することです。
転生を繰り返せば攻撃力100は簡単に超えるため、大抵の持ち込み可のダンジョンの攻略は容易になるでしょう。
装備品によって高レベル時の攻撃力・防御力の上昇量は異なります。計算方法がよくある質問の最後に記載されているので興味のある方はお読みください。
お守りも転生を繰り返す事で、印数が5つまで増加します。


もう一つは固有印の成長です。こちらは次の項目で説明します。

固有印の成長について Edit

転生回数を増やして限界レベルを上げてから、この固有印を持つ装備品に転生する事で強力な印に成長させることが可能です。
例えばレベル90の全人類の緋想天は攻撃力増加率+34%、追加ダメージ+18、記憶可能種族数5の緋想印を持っています。
この全人類の緋想天がレベル120になると攻撃力増加率+36%、追加ダメージ+22に成長します。
レベル180になると攻撃力増加率+36%、追加ダメージ+25に成長し、以降もどんどん成長していきます。

ただし、成長させたい固有印を含有し、かつその印が成長する固有印である場合のみ、あるレベルに達したとき成長します。
例えばレベル90の全人類の緋想天から転生し、攻撃力増加+34%、追加ダメージ+18、記憶可能種族数5の緋想印を獲得した木の棒があるとします。
しかし通常の木の棒に緋想印は入っていないため、この木の棒のレベルが120や180になったとしても、木の棒が持つ緋想印は成長しません。
どの固有印がどの装備で成長するかは後述の表を参考にしてください。

また、同じ固有印でありながらその能力値が異なる固有印同士は、転生によってそれぞれの高い能力値を併せ持つ固有印に変化します
生命力増加印を例に説明します。レベル99の天狼「牙」の生命力増加印はHP+150HP+20%、レベル99のスパイラルインキュベーターの生命力増加印はHP+100HP+100%です。
天狼「牙」をスパイラルインキュベーターに転生させると、それぞれの高い値に上書きされ、生命力増加印はHP+150HP+100%となります。

このように複数の装備品の能力を併せ持つ固有印も成長させることは可能です。
生命力増加印の場合は、天狼「牙」をレベル200まで育てるとHP+200HP+100%に成長します。
これも後述の表を参考にしてください。



転生ボーナス Edit

転生装備には以下のボーナスも存在します。

名前を付けることができる Edit

転生装備品には、名前をつけることができます。好きな名前をつけて、可愛がってあげましょう。
ただし次に転生する時はその名前が消えてしまうので、再び付け直す必要があります。

装備をロストしない Edit

転生装備は例外を除き、ロストしません。
転生装備がある理由でなくなってしまった場合、その装備は例外を除き自動的に倉庫に送られるようになっています。
例外とは、装備自体が別のアイテムに変化あるいは装備自体が印の効果で破壊してしまうことなどです。以下にまとめます。

  • 倉庫に戻るケース(アイテム消滅系)
  1. 装備を投げて敵などに当ててしまった/藍にはじかれた装備が誰かに当たってしまった
  2. 装備が水路、あるいはアイテムが密集している部分に落ちて消滅した
  3. 装備を遠投してしまった
  4. 装備を炎に投げ入れてしまった
  5. 装備を沼/毒沼に落としてしまった
  6. 装備を床に落とし、爆発で消えてしまった
  7. 装備をフロアで落とし、そのまま次のフロアに移動してしまった
  8. 装備を床に落とし、フランドールにガラクタにされてしまった(アイテム変化系では唯一セーフ)
  9. パルスィのジェラシーボンバー/依姫の波動で破壊された
  10. 超爆発のスキマにいれて投げてしまった(消滅系のスキマでは唯一セーフ)
  11. 以下の印の効果で消滅した
    【隙】隙間印を入れ、何かにぶつけて壊してしまった
    【焼】焼却印の効果で足元にあった装備を燃やしてしまった
  • 戻らないケース(アイテム変化、自己破壊系が多い)
    事例対策など
    穣子に握られてしまった
    名付けて「越後ショート!」でおはぎになってしまった
    アイテム保護の札を所持
    妖怪の里の穣子に握らせてしまったうっかり選択しなければよい
    火水木金土日月の札でみずになってしまったアイテム保護の札を所持
    ムラサの水没or水没「サブマージプリンス」
    の効果でみずになってしまった
    アイテム保護の札を所持orイカリ印をつける
    敵に装備品を盗まれたor投げつけた後、
    ・フロアを移動してしまった
    ・輝夜の敵変異が発生した
    ・燐に連れて行かれてしまった
    隙間印(紫)、防犯(その他泥棒系の敵。固有防犯印推奨)。
    転生装備を装備し続けたままなら問題ない。
    スキマ内に入れ、そのまま売却してしまったすぐに買い戻す。装備直置き(スキマ内ではない)はセーフ。
    変化/おはぎのスキマに入れてしまったプレイミスを防ぐことが第一。あるいは装備を呪わせておく。
    うどんげ対策には催眠無効印。
    消化/換金のスキマに入れて投げてしまったスキマを投げず、フロアに置いて次の階へ移動すれば倉庫に戻る
    換金の罠の効果でお金(0円)になってしまった防犯印やアイテム保護。もしくは装備したままにする
    【身】身代わり印が発動して壊れてしまったまずはこれらの印を入れないこと。
    もし入れてしまった場合、装備せずに妖怪の里のカッパーマインで抜いてもらう。
    (金髪の河童への投資が必要。追加印の場合は最低10000円、固有印は10万円)。
    追加印は印抽出の隙間を使用しても抜く事が出来る。
    【喰】食べる印は有用な物もあるが、強化値には十分注意すること。
    【奇】奇跡印/【至】至福印/【宣】宣告印/【楔】楔印の効果で壊れてしまった
    【喰】食べる印を入れ、食べ過ぎてなくなってしまった


同種転生 Edit

同じ系列どうしで転生を行う(以下「同種転生」と略す)と、転生準備だった装備品の攻撃力・防御力の1/10が次の装備に加算されていきます。
同じ系列とは、哨戒天狗の刀(rank1)と千里眼の大太刀(rank3)のように、レベルアップのみで形態が変化するものを言います。

このボーナスは武器の攻撃力、および防具の防御力にのみ適用されます。武器の防御力、防具の攻撃力には適用されません。
この加算値は成長とは別の能力値であるため、通常の攻撃力・防御力に加算される形になります。
同種転生を行った後、再び同じ装備の同種転生を行うと、さらにボーナスが加算されていきます。
この時は加算値を含めた攻撃力を元に、次のボーナス加算値が設定されます。その後も同じ系統で行うたびに、ボーナスが加算されていきます。

例えばLv1での攻撃力が10、転生準備状態で攻撃力300の装備を同種転生するとします。
この時、次の転生先には、最初から1/10の30が加算された状態、つまり10+30=40となります。
再び転生を行い、攻撃力が350になったとします。今度は350/10=35が加算されます。
ただしこの転生では、基礎値が10ではなく、40でスタートしています。
なので次の転生先には40+35=75の状態から始まります。
この様に繰り返して行けば、基礎値が青天井に上がっていく計算になります。

ただし、途中で他の系統に転生すると、同種転生で得られたボーナス加算値は全て失われます。

片手武器画像片手武器画像2両手武器画像防具画像防具画像2のページでは、
画像が系統別にまとめられているので参考にしてください。
ただし、○○関連(基本武器・防具関連、白狼天牙関連など)となっている項目は、各武器が独立した系統ですのでご注意ください。

【止】成長止印について Edit

成長止印は、転生した装備にしか合成できない印です。
この印は装備のランクアップによって形状が変わるのを阻止します。いわば「かわらずの石」です。
これを応用する事で、成長止め印で装備品のランクアップを防ぎ早く転生させる事ができます。
また装備品によっては低ランクでしか成長しない固有印も存在します。ランクアップを止めて装備品のレベルを上げることで通常以上に育てることができます。
詳しい説明は以下をご覧ください。

【重要】装備のレベルの上限を下げることができる Edit

例えば「はたきのようなもの」を例にあげましょう。説明しやすくするため、既に転生1回の状態としておきます。
まずは成長止印を合成せずに普通にレベルを上げてみましょう。1回転生なので「奇跡の大幣Lv100」まで行きます。
では、はたきのようなものに成長止印を合成してからレベルを上げてみましょう。すると最大レベルはLv100ではなく、Lv40になります。何故でしょう?

成長止印は形状変化を防ぐためだけのものではないのです。
はたきのようなものは、「はたきのようなもの(rank1)→奇跡の棒(rank2)→奇跡の大幣(rank3)」と3ランク制になっています。
次に、それぞれのランクアップの瞬間のレベルを見ると、「はたき24Lv→奇跡の棒」「奇跡の棒43Lv→奇跡の大幣」です。
装備品には経験値テーブルと共に、各ランクにレベル上限テーブルも存在して、30・60・90・100のいずれかとなっています。
どの装備のどのランクがどのテーブルに入るかは一般的に、ランクアップするレベルに関係しています。
ランクアップするのが1Lvから30Lvならテーブル30、31Lvから60Lvならテーブル60・・・というふうになります。
ただし、全くランクアップしないものについてはその装備自体のレベル上限がそのままテーブルになります。
そしてこの上限に達したものが、装備レベルが最大の装備となります。(稗田之書で転生準備状態にできる)
はたきのようなものは24Lvでランクアップするので、テーブル30です。
テーブル30のものが転生しているので、10を足してLv40が最大レベルとなります。これが上記の答えになります。

また、例えば白狼天牙「椛」はレベルでランクアップしませんが、90Lvが上限なのでテーブル90です。
この装備に成長止印を入れてもランクアップ自体を行わないので、そのまま90+10で次の最大レベルは100になります。

何が利点なの?
利点は単純に考えて、「最大レベルまでの総経験値を少なくすることが出来る」ことです。
次に転生2回目を行うとなると、「はたきのようなものLv40」と「奇跡の大幣Lv100」では必要経験値量が天と地の差ほどあります。
なので、転生回数を楽に重ねる為にはこの方法で行うと経験値量を減らす事が出来るのです。

  • ちなみに装備品/装備経験値を参考に計算すると
    はたきのようなもの(Dテーブル)Lv40に必要な経験値は106536であり、
    奇跡の大幣(Bテーブル)Lv100に必要な経験値は3151000です。
    止印がないと最大レベルに必要な経験値が約30倍に跳ね上がります。

ただし欠点として、次に転生を行う際、固有印の能力値は低いままになります。
どういうことかというと、はたきのようなものLv40での固有治癒印は20%です。
一方、奇跡の大幣の固有治癒印はランクアップとともに成長し、Lv100では40%になります。
はたきのようなものLv40のまま次の転生を行うと、20%の値のまま引き継ぐ事になります。
奇跡の大幣Lv100で次の転生を行うと治癒40%と、ランクアップで追加される再生ブーストも同時に引き継がれます。
つまり、転生は早くても印は弱いままとなります。
成長しない印をつけるときや、必要な印が集まった後に上限レベルを上げるときなど、印の成長を考えなくていい場合に使いましょう


ランクによって印の成長する部分が異なる Edit

現状、強振印と非非想印で確認されています。以下非非想印について表記します。
非非想印には、「軽減ダメージ」「軽減ダメージ比率」「記憶種族数」の3種類の値がありますが、
例えば「軽減ダメージ」は「桃の実(rank1)」の状態でしか成長せず、逆に他の2つの能力値は「桃の実」の状態のままでは成長しません。
同様に「軽減ダメージ比率」は「天子の帽子(rank2)」、「記憶種族数」は「天子の桃の木(rank3)」でしか成長せず、他の能力値は成長しません。
なので、成長止を使ってこれら個々の能力値を上げて初めて、非非想印が成長していくということなのです。。

主な使い方 Edit

  • 使用例1
    例えば、卒塔婆の【罪】罪と罰印を武器に入れたい場合。
    罪と罰印はランクアップしても固定された能力値であるため、卒塔婆自体をランクアップさせる意味はありません。
    おまけにrank4まであるので、「神は裁き」まで成長すると必要経験値が跳ね上がってしまいます。
    そこで成長止め印を入れると、卒塔婆Lv40の状態で次の転生を行うことが出来るようになります。
    この時、ランクアップにより強化される、神特効印と神特効強化印は卒塔婆のものですが、目的の罪と罰印を引き継ぐことは出来ました。
    このように、ランクアップしても印が強化されないものに関しては使うといいでしょう。

  • 使用例2
    ある程度転生を完成させ、目的の装備品が完成し、あとは上限レベルを引き上げるだけになった時。
    例として「全人類の緋想天」が、転生回数30回の末、固有印などの調整も終えて、完成したとします(あくまで例です)。
    さらに天子の桃の木との共鳴が欲しいので、「全人類の緋想天」のまま、「転生ボーナスを得つつ」レベル上限を上げたいとします。
    成長止印を入れずに転生を繰り返そうとすると、全人類の緋想天は必要経験値が高いため、相当な時間がかかってしまいます。
    転生した勇気凛々の剣を成長止印を入れずに成長させようとすると、転生回数31回であるため400Lvまで上げる必要があります。
    ところが、転生した勇気凛々の剣に成長止印を入れる事で、次の転生レベルが340まで落ち、なおかつ経験値テーブルが低いので成長が早くなります。
    これを繰り返し、比較的楽に装備レベルを最大まで上げる事ができます。
  • 例外
    お父さん?に成長止を入れると、逆に必要経験値が多くなってしまいます。
    親子で記念写真(rank2)の限界レベルは30ですが、お父さん?(rank1)の限界レベルは99になっているからです。
    お父さん?は経験値テーブルはAであるため、木の棒や麦わら帽子など(テーブルA)と同じく、99が限界となっているのでしょう。
    なお、転生を続けて500Lvまで行くと必要経験値が逆転し、成長止を入れたほうが少なくなります。

その他の注意点 Edit

  • 転生した装備品は、NTFの材料・合成の材料として使用できません。転生準備状態の装備のみ、合成の材料として使用できます。
  • 転生した装備品Aを合成元、転生した装備品Bを合成材料にして転生を行っても、Aが器になって能力が初期に戻るので、結局はBが1回転生するだけになります。
    つまり転生装備品と転生装備品の合成は非常にもったいないものとなります。
  • 必ずしもNTFで合成をする必要はなく、手順さえ間違えなければ黒髪の河童合成や合成のスキマでも同様に転生が行えます。
    ただしこちらでは結果が判らないので少しお勧めはしません。結果がわかる、あるいは明らかの場合、問題なく転生できます。
    NTF使用不可能なダンジョンで転生することはほとんどありませんが、覚えておくといいでしょう。
  • 転生した装備は、「非売品」になります。(ガラクタ同様、店で売ることができない)

稗田之書の入手法 Edit

稗田之書の入手法はいくつか存在します。

  1. ダンジョン「緊急事態発生!」クリア後、神社の阿求から買う(50万円)
    エリア移動で何回も購入できる。
  2. 古びた紙切れ12種を調合して手に入れる
    「トレジャーディガー」~「緊急事態発生!」までの12のダンジョン、通称表ダンジョンならば報酬が固定なので足りない番号を穴埋めすることが可能。
  3. 綿月バニーランド、特級玉兎養成場のいくつかのダンジョン、及び「不思議な亜空間」・「地底の果ての新たな地獄」のクリア報酬
    難易度が高いと多く手に入ります。亜空間は最低5冊。
    よくオススメされるのは、「地底の果ての新たな地獄」と特級玉兎養成場の「ゴールデンハウス」です。
    ただし、後者は綿月バニーランドのダンジョンを全てクリアしないと出現しません。
  4. ダンジョン内で手に入れる
    一部ダンジョンの発掘ポイントや金のつづらから、超低確率で出現します。
    現在、亜空間・コークスクリュー・松風水月・はじまりの試練でのみ確認されています。


各装備品の成長印 Edit

各固有印の成長限界をここに掲載します。転生する時の参考にしてください。
一部、転生を行わなくても最大値をとるものも混ざっています。ご了承ください。
現状、表の順番は適当ですが後々グループ分けor見やすくします。表がある程度完成するまでこのままでお願いします。

各固有印がどの装備のLv~で………というのは各装備の一覧ページをご覧ください
印の略称でページ内検索をかければよいでしょう

とりあえずLv500まで確認・調査したものは黄色背景(表の最後に3と書くだけ)に、
Lv999まで確認したものや、これ以上伸びようがないものについては、緑背景にしてください。(表の最後に4と書くだけ)

武器 Edit

+ 武器


防具 Edit

+ 防具


お守り Edit

+ お守り


複数 Edit

複数の部位で同じ印があるものはこちら。

+ 複数


最後に(まとめ) Edit

ここまで詳しく仕様を説明しましたが


手順1
 未転生~数回の転生で最大まで成長する固有印をもつ装備
 または、有用な固有印をもつ両手武器
 のいずれか条件を満たす装備を優先して使って転生する
 (詳細は以下Q&Aのとりあえずテンプレ教えてを参照)
手順2
 とりあえず転生して転生回数を増やす
 =上限レベルを上げる
 このとき使う装備は何でもいい
手順3
 上限レベルが十分になったら
 欲しい固有印のある装備へ転生する
 印の入手と成長が同時にできる為、効率がいい
 ※不要な固有印は早めに消す
手順4
 上記手順2・3を繰り返し
 固有印10個すべてを成長させる
手順5
 見た目と作りやすさを基準に最終装備を決め
 その装備を大量生産し、転生し続ける
 ※ここで初めて同種転生を意識する


以上が理想的な転生装備を作る手順です

よくある質問 Edit

転生装備を調合や錬成、合成の材料にしたいんだけど Edit

転生装備は材料にできません。

転生装備に固有印を追加したいんだけど Edit

多くの方が勘違いしやすい事ですが、いまある転生装備に直接固有印を追加していく事は不可能です。
あくまで新しい装備に今ある転生装備の固有印を移していくことだけが可能です。

言い換えると、転生で固有印を揃える作業は色々な装備を転々として固有印を拾っていくイメージです。
転生時の注意点(重要)を熟読してください。

欲しい固有印が待機状態のまま装備のレベルをMAXにしちゃった!また転生させなきゃダメなの? Edit

妖怪の里で印消去をしてもらった後、「セーブしてタイトルに戻る」で一度タイトルまで戻り続きから再開すれば待機状態の印が空いた枠に入ってきます。

2回目以降の転生したら固有印が消えた! Edit

おそらく、転生武器を器として新しい装備を合成する形で転生しようとしたのではないでしょうか。
それは順番が逆で、新しい装備を器として転生武器を合成する必要があります。
2回目以降の転生を熟読してください。

印育てるのに同じ装備大量に必要なの? Edit

必要ありません。
固有印の成長についての項目をよくお読み下さい。上限レベルを上げる課程で使用する装備は無関係です。

稗田之書も転生に使う装備も足りない! Edit

まずは未クリアのダンジョンをクリアしましょう。
転生は解禁こそ緊急事態クリア後ですが、転生を極める為には経験値稼ぎの観点から松風水月の解禁、すなわちバニーランドの制覇はほぼ必須となっています。
また、緊急事態クリア後に追加される多くのダンジョンは持ち込み不可です。つまりしばらくは転生装備を使う機会はありません。
松風水月解禁の過程でいくらか稗田之書は手に入ります。転生解禁直後から躍起になって集める必要性はないでしょう。

現実的な稗田之書稼ぎは松風水月で拾えるレベル制でかいぬえまたは古井戸亜空間クリア後に旧都で買える高額酒を利用した泥棒、ゴールデンハウスまたは地底の果ての新たな地獄の周回。
装備品集めは基本は錬成。床落ちや報酬といったランダム要素に頼らずとも確実に手に入ります。装備レベル条件がついていても松風水月で狩れば低層でもすぐ稼げるでしょう。必要な素材は松風水月解禁の過程で大半を旧都で買えるようになっている筈です。さらに古井戸、亜空間、ジャンクガーデンをすべてクリアしているなら、ほぼすべての素材が並ぶようになっている筈です。

とりあえずテンプレ教えて Edit

+ スレのテンプレより一部加筆

なんで両手武器から最初に育成するの / 同種転生に両手武器が採用されることが少ないのはなぜ? Edit

両手武器は経験値稼ぎが大変だからです。理由は主に以下の3点が挙げられます。

  1. 両手武器を装備していると盾を装備できない
    盾がないと防御力はあまり上がりませんし、しかも罠や敵の能力の対策に有用な印を付けることが困難になります(一部はお守りでも賄えますが万全にはできません)。その結果、ダンジョンの難易度が相対的に上がり、探索が困難となります。
  2. 両手武器はパートナーに装備させられない
    片手武器のようにパートナーに装備させて育てる方法がとれず、攻撃力が低いときから自分が装備しなくてはならないため、しばらくは敵を倒すのが遅れるでしょう。結果、敵の能力を受ける危険が高まり、上記の通り能力を防ぎきれるわけでもないので、探索が困難になります。
  3. 両手武器は片手武器と比べて、レベルアップに必要な経験値が高め
    ただでさえレベルMAXまでの必要経験値が多い両手武器です。転生回数が10回、20回と多くなってからの必要経験値も多いことは言うまでもありません。
    つまり上記のような厳しい条件下での探索を長時間余儀なくされるということです。
    装備経験値のページを見るとわかりますが、低レベルの方が必要経験値の少ない片手武器との差は小さいです。

以上のように、両手武器の育成はとても難しいため、両手武器の印が欲しい場合はできる限り早く両手武器に転生することが推奨されています。

経験値稼ぎを楽にするための方法として推奨されているのは、フラフープやAテーブルの装備経験値ボーナスがある片手武器を育成した後に、両手武器に合成する方法です。1回の合成で経験値は100万まで引き継ぐことができます。
他にも効率は悪くなりますが、掘削印等を用いて横穴を掘り、パートナーの指示を「好きにして」にして稼いでもらうといった方法があります。

○○の固有印入れるための装備はなにがいいの? Edit

求めている印の性能によって変わります。
装備品/武器一覧 , 装備品/防具一覧 , 装備品/お守り一覧にどのレベルで固有印が成長するか、及びその性能も記載されています(無論全てを網羅するには至っておりませんが)。
印の基本事項,追加印,印関係Q&Aに印自体の性能と仕様が記載されています。
自分が求める印の性能と成長レベルを見てどの武器がいいか考えてください

転生回数稼ぐための装備はどれがいい? Edit

何を基準にするかで変わります
転生の早さ重視ならテーブルAやBの装備。装備品/装備経験値のページを参考にしてください
ある程度の戦力を確保しながら進めたいなら、好きな装備でいいのではないでしょうか

固有印枠が余って他に入れるものが決まらない Edit

まずは装備品/装備転生/固有印選択によく使われる印がまとまっているので読みましょう
紹介されているものが(青印込みで)全て入っていてなお余るというなら、好きなステータス変化のブースト印でも詰め込んだらどうでしょうか
装備品/装備転生/固有印紹介も参考にどうぞ

同種転生したいんだけどこの装備でできるの? Edit

基本的に同じ装備を使えば安心
武器画像 , 防具画像のページでは系統別になっています
注意:~関連となっている項目は全て独立した系統です

同種転生でオススメの装備教えて Edit

完全に趣味の領域です。下記を参考にして自分で決めてください。

  • 経験値テーブルと攻撃力/防御力
    経験値テーブルがIテーブルの装備はLvを上げるための経験値が多いですが、装備Lvによる攻撃力・防御力の増加も大きいです。
    つまり、任意の攻撃力/防御力にするのに必要な転生回数=稗田之書の数が少なく済むということです。
    ただし、上限レベルが999になってから、Aテーブルで同種転生を行った場合、Iテーブルに比べて転生回数は30回程増えますが、その過程で必要な経験値は1/3以下になります。

    纏めると、以下のように用途によって使用する武器のテーブルを決めるのが良いでしょう
    • 松風水月を攻略するのに早く能力を高めたい
      Iテーブルに近いテーブルであれば、少ない転生回数で必要な数値まで高められます
      しかし松風水月クリア後にこれをカンストさせようとする場合、同種転生回数が大きくなるに従ってテーブル間の同種転生ボーナスの差は縮まってきます(装備自身の能力値がボーナスに比べ誤差レベルになるため)。
      結果、次の転生に必要な経験値が高い(=転生頻度が少なく強化が遅くなる)というデメリットが大きくなります
    • 同種転生を極めて能力値をカンストさせたい
      Aテーブルに近いテーブルならより少ない経験値でカンストさせられます
      しかし松風水月の攻略と並行でカンストを狙う場合、始めのうちは装備自身の能力値が低く、同種転生しても能力値が伸びず、時間と稗田之書を大量に消費することになるでしょう
  • 大量生産のしやすさ
    何十回と転生を繰り返すことになるので、転生の数だけ同じ装備が必要になります。
    同種転生を極めて、攻撃力,防御力をカンストさせるには、Iテーブルであっても最低で140回近い回数が必要となります
    貴重な装備で同種転生するよりは床落ちや練成で入手が容易な装備の方が準備が楽でしょう。
  • 見た目や攻撃エフェクトが好み/装備(の元ネタ)に思い入れがある
    上2つは結局どれだけ苦労して育てるか、と言う話です。
    ですので、苦労しても良いのであれば最終的には見た目などで決めるのも良いでしょう。
+ 参考:各経験値テーブルの高レベル時の能力値(目安)

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 兄貴達はお守りの固有印どんな感じにしてるか教えてほしいゾ。今自分のお守りが帯封八節脱少弾落受なんだけどあと1つが決まらなくて迷ってるゾ… -- 2016-11-15 (火) 23:03:18
    • 固有印は 小 脱 落 受 針 帯 節 弾(回復) 瞳 呪。追加印は 抗 蒜 下 劣 炎。これといって入れたいものがないから、二刀流のときでも使えるように、敵の能力の対策印を固有にも入れた。ワイのと比べると……勧められるのは弾幕回復かな。弾幕Pの回収速度が上がるのは意外に便利 -- 2016-11-16 (水) 01:03:04
      • 節約70%前提とはいえ弾幕回復35有るのと無いのとでは弾幕の使い勝手が段違いに変わるゾ -- 2016-11-16 (水) 01:36:13
      • 今気づいたけどもしかして八卦印ってそこまで必要なかったりする可能性が微レ存…? -- 2016-11-16 (水) 09:28:39
      • パートナーはともかく、プレイヤーだとスペカ攻撃の頻度が低いし(布都なら多段皿のせいで尚更)八卦が発動する状況が限られてくるんだよね。入れる印の候補が多いなら切ってもいいレベル -- 2016-11-16 (水) 09:41:00
      • 最後の枠は弾幕(回復)にしたゾ。あと八卦を呪い耐性に変えるゾ。皆さんアドバイスありがとナス! -- 2016-11-16 (水) 11:21:53
      • 弾幕回復つけてブロッキング固めた椛マジ鉄壁。変換印使って青印も集めるとスカスカになるんよな、うちではナマコたん対策の封印が良い仕事してる -- 2016-11-16 (水) 11:23:41
      • パートナーの装備考えるなら屠自子用に回避50%空を飛ぶ程度(回避)50%の青印があると霧散霧消で浮遊を消されない限り無敵になれるゾ -- 2016-11-16 (水) 16:27:48
      • リローデットの新スペカ次第ではプレイヤー用八卦もアリかもわからんね、PVだと多段HITで割と強そうだったし。入手性や持ち込みスペース割く程の性能ありゃ良いんだけど -- 2016-11-17 (木) 11:58:33
  • 特効なんか(超硬特効以外)必要ねぇんだよ!と、緋想や状態特効のほとんどを抜き取った結果、追加印がスッカスカ(8枠使用)になりましたwww 一方、防具は変換使うからと抵抗印すべて抜いても、なお追加印枠は12,3個埋まってる模様 -- 2016-11-16 (水) 14:04:22
    • 特攻系の青印って転生回数どのくらいで集め始めました?自分まだ10数回なんですが固有印一通り終わらせてからがいいですかね? -- 2016-11-17 (木) 09:13:15
    • 種族特効は緋想使ってたから、集めてない。状態特効は同種入る前だったはずだから、70~80位かね(ちょうどその時期にふとれんが配信された)。 -- 2016-11-17 (木) 12:46:24
  • 印成長の超人特効強化の所、ゼノモーフ(チェストバスター rank2)の追加D強化250%(攻撃強化は150%)抜けてませんかね····?あと遠離75%ってクギバット(子供用のバット rank3)にもありますけど····どなたか加筆お願いしまする -- 2016-11-17 (木) 15:06:04
  • 転生したあとの同じ固有印は良いとこ取りってことやけど、龍刀政木の多段+8を殺生石に転生させてLv150まで育てたら自動的に+9に変わるって認識でいいの? -- 2016-11-27 (日) 00:11:47
    • その認識でOKやで -- 2016-11-27 (日) 01:17:57
      • あざっす -- 2016-12-02 (金) 23:30:11
  • テンプレの防具について スパイラルインキュベータが転生1回でレベル上限110ってことは止印入れるってこと? もともとは109のはずなのに止印入れたら上限上がったりするの? -- 2016-12-05 (月) 06:50:57
    • 何をどう間違えたら止印なんて発想ができるんだ?止印は装備のランクアップ防止効果だけだから、ランクアップしないスパキュにはなんの意味もないぞ。  転生1回のスパキュの上限レベルが110である理由は本文をよく読め -- 2016-12-05 (月) 08:33:50
  • 鬼の杯の会心印20まで上がんないんですがそれは -- 2016-12-26 (月) 01:00:44
    • ほーんで。何を間違えたの? -- 2016-12-26 (月) 07:49:59
  • 稗田の書の使用が出来ないんですがps4じゃ出来ないんでしょうか、レベルMAXの装備があるのに、投げる、置く、入れるしかありません -- 2017-01-03 (火) 00:20:35
    • PS4版のTODなんて無くね?TODRと勘違いしてるなら融合システムに変わってるから稗田の書の使い道はAQNガチャだけだぞ -- 2017-01-03 (火) 02:07:03
    • Rはこっちに来るな -- 2017-01-03 (火) 15:53:19
  • ランクアップする装備の場合、成長止印を使ってランクを上げずに同種転生をすると、攻撃力・防御力ボーナスもランクアップ前の物が反映されるんでしょうか? -- 2017-01-07 (土) 15:20:51
    • はい。同種転生と同種転生でオススメの装備教えてをよく読みましょう -- 2017-01-15 (日) 03:42:53
  • 稗田の書使って転生待機にしたあと、しばらく何もしないでそのまま使ってたら転生待機が消えたんだけど、稗田の書使ったらすぐ転生しないとダメ? -- 2017-11-17 (金) 19:40:02
    • 転生待機状態にして、そのままで使い続けたことがないからなあ。ダメかと問われたら、待機状態が解けちゃうんならダメだわな。 -- 2017-11-18 (土) 17:26:46
  • 防具の【眠】睡眠の祟りは、天逆毎姫の宝冠で持続ターン5まで伸ばせる。誰か編集お願い。発動率50%5Tだから結構重宝すると思う(特にパートナー用) -- 2018-04-07 (土) 14:05:09
    • そういうのをコメントするなら防具一覧のほうにしよう。あと、レベルいくつで印が成長するかなど情報が足りてない。 -- 2018-04-07 (土) 22:34:28
      • 説明不足で申し訳ない。性能はここの表の通りこたつLv180で50%1T、天逆毎姫は初期状態で20%5T(Lv999まで変わらず)。組み合わせて50%5T。要転生だからこっちの方がいいと思った -- 2018-04-08 (日) 08:24:43
コメント:

コメントで質問しようとしている方へ:必ず下記をお読みください。

  • 転生と関係のない質問はお控えください。
  • 転生にどのような印をつけるか迷っている方は固有印選択にヒントを掲載しましたのでまずそちらをご覧下さい
  • 転生を始める前に質問をするのはご遠慮下さい。まずはこのページをよく読み、自分で試しましょう。
  • 思うように転生が出来ない場合はよくある質問も含めてこのページ全体を再度よくお読みください。仕様について何らかの勘違いがあるのでしょう


添付ファイル: file確認3.jpg 35件 [詳細] file確認2-3.jpg 41件 [詳細] file確認2-2.jpg 28件 [詳細] file確認2-1.jpg 36件 [詳細] file確認1-2.jpg 32件 [詳細] file確認1-1.jpg 24件 [詳細] file転生準備.jpg 34件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   ページ作成 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-09 (火) 10:27:16 (344d)